閉じる

仙台中心部の聖火リレー、競技場に変更 宮城県発表

 宮城県内で19~21日に行われる東京五輪の聖火リレーで、県は7日、21日に予定していた仙台市中心部での走行を見送ると発表した。観客が密集し、新型コロナウイルスの感染が拡大する恐れがあると判断した。中止区間のランナー13人は代替策として、同日の祝賀行事「セレブレーション」会場の市陸上競技場(宮城野区…

残り 429文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより