閉じる

富岡産大麦、ビールに 東北大大学院が今夏試作品

 東北大大学院農学研究科作物学研究室は、福島県富岡町産の大麦を使用したビール醸造に乗り出した。新たな町の特産品に育て、東京電力福島第1原発事故により全町避難を経験した同町の農業復興を後押しする。今夏にも試飲用のビールが完成する見込みで、同研究室は「大麦栽培からビール醸造、販路開拓も含めたビジネスモデ…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ