仙台空港で「おいしい東北」 新店舗あすオープン

仙台空港3階に10日にオープンする「TREGION GALLEY」
ご当地の果物や菓子をふんだんに盛り付けた東北6県パフェ

 仙台空港ターミナルビル(宮城県名取市、岩沼市)の3階に10日、新たな飲食店「TREGION GALLEY(トレジオン ギャレー)」がオープンする。「世界に開く、おいしい東北」をコンセプトに、6県の食材を使った料理を提供する。
 盛岡、仙台両市などでカフェやバルを営むトレジオン(東京)が運営。ギャレーは飛行機内のキッチンを意味する。面積は370平方メートルでカウンター、テーブルの計約90席。窓からは駐機場の飛行機が見える。
 食事に加えカフェやバーのメニューも充実させた。宮城県産カキを使ったスパゲティなどの東北6県パスタを始め、南部せんべいやきりたんぽといった名物を盛り込んだパフェ、特産果物入りのサワーは「東北6県」と銘打ち各県のレシピで提供。6県のクラフトビール、ワインもある。
 吉田慶社長は東日本大震災の復興支援に関わったのを機に2014年、ビジネスで東北を応援しようと創業した。「新型コロナウイルス禍で会社は苦しいが、東北の空の玄関口で東北の食の魅力を伝えられるのがうれしく、開店を決断した。地域の方にも愛される店にしたい」と話す。
 営業は午前6時半~午後8時半。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る