<入試のツボ>漢字や作文を確実に/21年度出題分析 (1)国語

 2021年度公立高入試で国語の平均点は61・2点と、前年度より5・6点上昇した。近年の出題傾向に沿って第1問は漢字と対話文、第2問は文学的文章(小説)、第3問は説明的文章(評論)、第4問は古典、第5問は作文という構成だった。第2問と第3問の記述問題がやや難しかったが、それ以外は全体的に取り組みやすかった。

 第1問は難易度が低いものの、配点は30点と高い。小問の対話文では選択問題4問と30字の記述問題が出題された。全体的にあまり時間をかけずに完答を目指したい。

 第2問と第3問の長文は比較的解きやすいが、55字にまとめる記述問題がやや難しい。完答できなくても部分点をどの程度取れるかがポイントとなる。

 記述問題は内容をある程度把握できていても、要点をまとめ、適切な表現で題意を満たす解答にするのが非常に難しい。時間配分を考えた上で、いったん先の問題に進む選択肢も検討しておくといいだろう。

 第4問の古典は一部に現代語訳があり、内容も平易なので得点源としたい。歴史的仮名遣いを現代仮名遣いにする問題は必ず出るので練習しておこう。

 第5問の作文は「どのようなときに国語の乱れを感じるか」という問いに3通りの意見が述べられ、うち一つを選んで自分の考えと理由を160~200字で書かせた。例年通りの形式だった。

 字数条件を満たし、題意に沿って自分の意見をまとめられればある程度、得点できる。過去問などを通じて問題形式に慣れ、指定の字数で書く練習が大切だ。

 国語は平均点が高い半面、得点に差がつきにくい。漢字や作文など正答率が高い問題を確実に得点できるようにするなど、日頃からの意識付けが重要だ。
(家庭教師のトライ・阿部正純教育プランナー)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
入試のツボ

中学、高校入試を控えた受験生のいるご家庭に、仙台圏の学習塾講師陣がトピックスや勉強法を伝授します。

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る