FAQ

夫婦別姓導入求める意見書可決 柴田町議会、国に提出へ

 宮城県柴田町議会(定数18)は11日、選択的夫婦別姓制度の導入を求める議員提案の意見書を賛成多数で可決した。議長を除く17人による起立採決で賛成9、反対8だった。意見書の採決を陳情した市民団体によると、県議会と県内の市町村議会で導入賛成の意見書を可決したのは初めて。

 意見書は首相、衆参議長らに提出…

残り 453文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る