東北楽天、阪神に3連敗

9回阪神2死三塁、近本に勝ち越しの適時三塁打を浴び、厳しい表情を見せる東北楽天・松井。捕手田中貴(鹿野智裕撮影)

 東北楽天は今季初の同一カード3連敗で交流戦を終えた。
 5-5の九回2死三塁、5番手松井が近本に勝ち越しの適時三塁打を許した。先発早川は5回3失点。2-3の七回は3番手酒居が2点を失った。打線は2-5の七回、黒川の適時打と内田の右犠飛で2点を奪い、八回に鈴木大のソロで追い付いたが及ばなかった。
 阪神は6連勝。3番手藤浪が3勝目を挙げた。

悔い残る最終回 2死から四球と守乱

 シーソーゲームの結末は、ミスした側に冷酷だ。
 東北楽天が5-5に追い付いた直後の九回、阪神の攻撃は2死走者なし。松井は梅野を2球で追い込んだ。だが、ファウルで粘られ、気付けばフルカウント。最後は10球目のスライダーが大きく外れた。決勝のホームを踏む走者を許した守護神は「あの四球が全てです」と肩を落とす。
 まずい守備がピンチを広げた。タイミングを遅らせて二盗を仕掛けた梅野に野手陣が動揺。遊撃手の小深田のベースカバーが間に合わないにもかかわらず、捕手田中貴が慌てて送球。ボールが中堅まで転がる間に三塁を奪われた(記録は盗塁と悪送球)。
 捕手の後逸は絶対に許されない。松井はもう大胆に低めを攻められない。「最低でも二塁で止めておいてほしかった」と石井監督。決め球のフォークボールが甘く入り、近本に勝ち越しの三塁打を食らった。
 2死から梅野の四球で失点したのは、九回だけではなかった。五回は先発早川も四球を与え、続く近本に逆転2ランを被弾。早川は「梅野さんの四球が要らなかった。そこで切れていれば、試合がどうなっていたか分からない」。七回は酒居が、やはり歩かせてから2連打で2点を失った。
 2年ぶりの交流戦は9勝8敗1分けで幕を閉じた。「(勝率)5割以上が最低限の目標だったので、そこに対しては、みんなよくやってくれた」と指揮官は振り返ったが、悔いは残った。18日から好調オリックスとの首位攻防ラウンドが始まる。
(斎藤雄一)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る