FAQ

(3)災害公営住宅で避難者の交流育む

富田団地自治会長 斎藤秀雄(72)=福島県郡山市

 「やっと人並みの生活ができる」

 東京電力福島第1原発事故で全町避難を強いられた福島県富岡町から避難する斎藤秀雄(72)は2015年10月、福島県郡山市に整備された災害公営住宅、県営富田団地に妻、母と入居した。

 高い倍率の抽選で当選し約8カ月、待ちに待…

残り 1146文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る