清原果耶さん「はっと汁大好き」 「モネ」ロケ地の登米で番組出演

番組放送後、観客と交流する清原さん(左)と夏木さん

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の主役永浦百音を演じる女優の清原果耶さんらが出演する番組「土曜スタジオパーク」の公開生放送が19日、宮城県登米市迫町の登米祝祭劇場であり、住民との交流を楽しんだ。

 市民ら約360人が参加。新田サヤカ役の夏木マリさんも出演し、ストーリーを振り返ったり、ドラマ収録の裏話を披露したりした。

 番組では、登米市の郷土料理「はっと汁」が紹介され、郷土料理家の衣川祐子さんが作り方を解説。清原さんは「はっと汁の優しい味が大好き」と話した。

 放送後のあいさつで、夏木さんは「伝統芸能伝承館『森舞台』(同市登米町)の収録が印象深い。地元の人たちが能を舞っていることに文化の深さを感じた」と述べた。清原さんは「地元の方がドラマを応援してくれることが分かった。最後まで全力で頑張りたい」と抱負を語った。

 夫婦で参加した登米市南方町の中学教諭藤浦悟さん(57)と妻しのぶさん(53)は「清原さんらの姿が見られて、より応援したくなった。なじみのある風景をドラマで見る度、地元の価値を再認識できると同時に誇りを持てる」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る