ナウシカからラピュタへ、歩みたどる アニメージュとジブリ展開幕 「風使いの腐海装束」展示も

風の谷のナウシカに登場する「風使いの腐海装束」も並ぶ展覧会

 スタジオジブリ誕生のきっかけとなった日本初のアニメ月刊誌「アニメージュ」の軌跡をたどる展覧会「アニメージュとジブリ展」が19日、宮城県石巻市開成の市複合文化施設で始まった。

 オープニングセレモニーがあり、関係者約100人が出席。地元の稲井中吹奏楽部が演奏を披露し、映画「風の谷のナウシカ」で主人公のナウシカ役を務めた声優の島本須美さんがゲストで登場した。

 展覧会は1978年の創刊以降のアニメブーム到来と風の谷のナウシカの映画化、スタジオジブリの設立、「天空の城ラピュタ」制作までの経過を雑誌を軸に振り返る。代表作のレイアウト画やセル画、イメージボードなど200点以上が展示されている。

 島本さんは「ジブリの始まりの物語。親子で楽しんでほしい」と話した。

 市と河北新報社、街づくりまんぼうなどでつくる実行委員会の主催。9月12日まで。午前10時~午後5時。月曜休館。大人1500円、中高生1000円、小学生800円。連絡先は実行委事務局0225(22)0030。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る