閉じる

職域接種、宮城で動き活発 トラストタワーはあす開始 七十七銀は7月5日から

 宮城県内で新型コロナウイルスの職域接種に向けた動きが活発化している。都市開発大手の森トラスト(東京)が23日、仙台市で社員やテナント企業を対象に1万人規模で始めるほか、貸会議室大手ティーケーピー(東京)は今月中にも同市内に法人向け会場を設置。七十七銀行も7月5日の開始を決めた。

 森トラストは同社社…

残り 706文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ