仙台北法人会が職域接種へ 1800社4500人対象に7月から

 仙台、宮城県富谷両市や同県黒川郡の小企業でつくる仙台北法人会が10日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種実施を国に申請したことが分かった。会員企業約1800社の従業員や同居家族を対象とし、7月に仙台市内の会場で接種を始める方針。

 7~8月の土日曜、仙台市青葉区の「斎苑別館」で、計4500人に各2…

残り 380文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ