「検証・郡市政 選択軸の現場」(1)音楽ホール 決まらぬ場所、財源も壁

 任期満了に伴う仙台市長選(7月18日告示、8月1日投開票)は告示まで1カ月を切った。再選を目指す現職の郡和子市長(64)が立候補を表明し、新人が挑戦の意向を示している。選挙戦となった場合、109万都市の有権者は何を基準に1票を投じるのか。音楽ホール整備など主な選択軸の現場を追った。

 広瀬川西岸の緑…

残り 1380文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ