フィデアと東北銀統合 来年10月、経営基盤強化へ

 フィデアホールディングス(HD、仙台市)と東北銀行(盛岡市)は2日、2022年10月の経営統合に向けて協議、検討を進めることで基本合意したと発表した。東北銀が完全子会社となる方針。フィデアHD傘下の荘内銀行(鶴岡市)と北都銀行(秋田市)と合わせ、東北3県を主な営業基盤とする広域金融グループが誕生する。

記者会見を終え、笑顔で手を重ねる(左から)伊藤新北都銀頭取、田尾フィデHD社長、村上東北銀頭取=2日午後5時5分ごろ、仙台市青葉区の仙台国際ホテル

 人口減少や長引く低金利政策の中、統合の利点を生かして収益力増強と経費削減による経営基盤強化を目指す。3行は営業ノウハウを共有し、広域性を生かして事業承継やビジネスマッチング業務の幅を広げる。本部機能やシステムを一本化して経営効率化も図る。

 フィデアHDと東北銀は18年2月、包括的な業務提携を締結。3行共同の東京支店開設やシステム共同利用などを進めてきた。経営統合により、取り組みを加速させる。

 近く統合準備委員会を設けて22年2月に最終契約を結ぶ方針。同6月の株主総会を経て、東北銀は同9月29日に上場廃止となる予定。149店の店舗の統廃合などは今後検討する。

 東北銀本店と仙台市内のホテルで2日、トップが記者会見した。フィデアHDの田尾祐一社長(荘内銀頭取)は「東北銀が加わり、一つの体で(3行による)3倍の成長性、生産性になる。前向きな合流で攻めの統合だと考えている」と強調した。

 東北銀の村上尚登頭取は「経営体力が安定しているうちに合流することが最良と考えた。築き上げてきたビジネスモデルも維持できる」と述べた。

 21年3月期の連結総資産はフィデアHDが3兆2214億円、東北銀が1兆215億円で、合わせて4兆2429億円。東北では現時点で七十七銀行、東邦銀行に次ぐ規模となる。

 東北では、青森銀行とみちのく銀行(青森市)も22年4月の共同持ち株会社設立、24年4月の合併を視野に協議している。

フィデアホールディングスが入る荘内銀行仙台支店のビル(中央)=仙台市青葉区中央3丁目

[フィデアホールディングス]荘内銀行(鶴岡市)と北都銀行(秋田市)が2009年10月に経営統合して設立した共同持ち株会社で、仙台市に本社を置く。21年3月末時点で両行合わせて約100の実店舗がある。グループ全体の総資産は3兆2214億円、従業員は1662人。21年3月期の連結純利益は前期から大幅増の33億円だった。

東北銀行の本店=盛岡市内丸

[東北銀行]盛岡市に本店を置く1950年設立の地方銀行。2021年3月末時点で49の実店舗があり、宮城県や秋田県などにも展開している。グループ全体の総資産は1兆215億円、従業員は597人、21年3月期の連結純利益は前期から微増の11億円だった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る