イオンモール新利府北館あす開業 世界最大級のクレーンゲーム専門店など80店

クレーンゲーム設置台数世界一の店内でギネス記録の公式認定証を掲げる担当者

 イオンモール(千葉市)は2日、宮城県利府町に「イオンモール新利府北館」をオープンさせる。食品、家電、日用雑貨や、世界最大級のクレーンゲーム専門店など約80店が並び、地域住民の日常生活を支える品ぞろえに力を入れた。

南館と合わせ東北最大規模に

 1月末まで営業した旧イオンモール利府を大規模改装した北館は鉄骨3階、延べ床面積約6万8000平方メートル。3月に開店した南館と連絡通路でつながり、両館を合わせると東北最大規模となる。食品ディスカウントストア「ザ・ビッグ新利府店」をはじめ家具店、リサイクル店など32の専門店が新規に出店する。
 アミューズメント施設「アピナ新利府 北館店」はクレーンゲーム515台を備え、6月29日にギネス世界記録に認定された。半数以上は東北のメーカーから購入したという。景品にはアニメ「鬼滅の刃」関連グッズや菓子類、ぬいぐるみなど常時800種類以上を用意する。
 約500席のフードコートには「ドムドムハンバーガー」や、テリー伊藤さん監修の「から揚げの天才」など7店。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として座席にアクリル板を設け、空気清浄機を増設する。
 30日に報道機関向けの内覧会があり、北館の中川健太ゼネラルマネジャーは「地域のお客さまに毎日買い物に来てもらえる店舗を目指したい」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

高校野球宮城大会 勝ち上がり表 >>


先頭に戻る