宮城15人感染 仙台10人、大崎2人(6日)

 宮城県と仙台市は6日、20~60代の男女15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は仙台市10人、大崎市2人、富谷市、大河原町、山元町が各1人。現時点で10人の感染経路が分からない。午後3時時点の県内の療養者は100人。6月15日以来、約3週間ぶりに3桁となった。

 仙台市の技術サービス業の事務所で、6日までに3人の感染が判明し、市は業種・業態を公表した。県内の累計感染者は9206人(仙台市は5805人)。うち9006人が退院・療養解除となった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る