東北人は「納豆大好き」 平均支出額、6県庁所在地ともベスト10入り

 7月10日は「納豆の日」。国の家計調査によると、1年間に納豆を一番たくさん買うのは福島市民で、2018~20年の平均支出額は1世帯当たり6773円だった。2位盛岡、4位山形、5位仙台の各市もベスト5に入り、9・10位の秋田・青森も全て、全国平均の4375円を上回る。東北の人々がこよなく愛する納豆の…

残り 1529文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

ライブカメラ