FAQ

仙台市長「感染再拡大を危惧」 市の指標「行動の目安」到達と判断

 仙台市は13日、新型コロナウイルス感染再拡大の兆候があるとして、宮城県と踏み込んだ措置の協議を開始し、保健所や検査体制の強化に向けた応援体制に移行すると発表した。郡和子市長は定例記者会見で「感染が急拡大した3月に近い状況で、再拡大が危惧される」と懸念を示した。

 市によると、再拡大の兆候をつかむ市独…

残り 392文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る