仙台の大規模接種17日に予約再開 8月2~8日の1万人分

JR仙台駅東口の大規模接種会場「東北大(宮城県・仙台市)ワクチン接種センター」

 東北大と宮城県、仙台市がJR仙台駅東口のビルに設置した新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場の予約が、17日午前9時に再開される。8月2~8日の約1万人分。キャンセル枠を精査し、予約枠を広げる可能性もあるという。

 ワクチンは米モデルナ製で、接種券が届いた18歳以上の県民が対象。インターネットと無料通信アプリLINE(ライン)、電話で申し込む。詳細は予約サイトで確認できる。

 2回目の接種は原則、4週間後の1回目接種と同じ曜日の同じ時間となる。

 7月19日に始まる夜間接種(平日午後6~9時)では、1回目を午後6時と午後6時15分に選んだ人は、2回目が午後4時、午後4時15分に繰り上がる。夜間の新規受け入れ枠を確保するため。

 県によると、9日に開始した予約は、用意した約1万4000人分が約30分で埋まったという。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る