高校野球宮城大会 仙台育英敗れる 仙台商など8強入り

 高校野球宮城大会第9日は17日、石巻市民球場と鹿島台中央野球場で4回戦4試合があり、仙台商、東北、聖和学園、古川学園が準々決勝に進出した。仙台商は第1シードの仙台育英を3-2で破った。東北は仙台城南との延長戦を5-3で制した。聖和学園は泉館山に6-0の零封勝ち。古川学園は3-1で利府を破った。18日は石巻市民球場と鹿島台中央野球場で4回戦4試合があり、8強が出そろう。

仙台育英―仙台商 仙台育英に競り勝ち、喜び合う2番手投手の斎(左から2人目)と捕手の吉田(同3人目)ら仙台商の選手

仙台商、本命下す

 【評】仙台商が逃げ切った。三回1死満塁から押し出し四球と吉田の犠飛で2点を先取。五回にも1点を加えた。投げては宮沢、斎とつないでリードを守った。仙台育英は12残塁と攻めあぐね、八回に2点を返すにとどまった。

仙台育英―仙台商 4回戦で敗退し、ベンチ前で悔しそうな表情を見せる仙台育英の選手

選抜8強の仙台育英、投打とも空回り

 1点を追う九回裏2死一塁、斎藤陽が右飛に倒れた。球場が騒然とした雰囲気に包まれる。大本命の仙台育英が仙台商に2-3で屈し、姿を消した。

 先発は、この日が今大会初登板となった主戦伊藤。一回こそ三者凡退に抑えたものの、三回に四球絡みで先制を許す。本来の姿を取り戻せないまま4回2/3を投げ、4四死球3失点(自責点2)で降板した。

 「暑さに体がついていかなかった」と伊藤。初登板の緊張感もあったのか。「抑えないといけなかった。ふがいない投手で、みんなに申し訳ない」と何度も繰り返した。

 打線も、いつものつながりを欠いた。五回を終えて0-3。追い付ける点差と思われたが、反撃は終盤の八回。1点差に詰め寄っても後が続かない。終わってみれば12残塁。歯車は投打で空回りした。

 今春の選抜大会で8強入り。夏はさらに上を目指し、周囲の期待も大きかった。「すごく楽しい場所。あそこで優勝する景色を見たかった」。伊藤は公式大会で2度経験した甲子園を思い浮かべ、唇をかむ。

 大会連覇は2019年までの「3」で途切れ、短い夏となった。18年の就任以来「日本一激しい部内競争」を掲げてチームを育ててきた須江監督は「もう一回、泥にまみれ、汗をかき、寸分の隙も見せないチームになって秋に帰ってきたい」と再起を誓った。
(北村早智里)

仙台城南―東北 4回から登板し8回無失点と好投した東北の2番手小倉

東北、延長戦制す

 【評】東北が延長の末に競り勝った。0-3の四回に敵失に乗じて1点を返すと、六、七回に計2点を奪って同点。十一回に小倉と伊藤の適時打で2点を勝ち越した。仙台城南は四回以降打線がつながらなかった。

聖和学園が投打で上回る

 【評】聖和学園が投打で上回った。五回1死満塁から遠藤の中犠飛で先制。六回は4長短打を集めて4点を奪い、七回にも1点を加えた。投げては阿部航が3安打完封。泉館山は反撃の糸口がつかめなかった。

古川学園、序盤のリード守る

 【評】古川学園が序盤のリードを守り切った。一回に青沼の右中間二塁打などで2点を先取。三回は近藤が本盗を含む3盗塁を決め1点をもぎ取った。利府は二回に亀谷の右前適時打で挙げた1点止まりだった。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る