FAQ

<せんだい進行形>「無人」に商機アリ 非接触の風潮逆手に

 新型コロナウイルス禍で人との接触を避ける風潮を逆手に取り、「無人」を売りにしたビジネスが仙台市内で広がっている。対面のサービスが当たり前だった業態も、情報通信技術(ICT)が無人化を可能にした。人件費を抑えるなどの利点もあり「コロナ後」も続く潮流になりそうだ。
(報道部・関川洋平)

ショールーム内、遠…

残り 1010文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
せんだい経済圏-ing

 ヒト・モノ・コト・カネがダイナミックに動く100万都市仙台。仙台経済圏のトレンドや旬の話題を進行形で掘り下げます


企画特集

先頭に戻る