<せんだい進行形>6事業者 合同プレス発表会

知名度向上と販路拡大を目指して合同プレス発表会に参加した事業者ら

 仙台商工会議所は、中小・小規模事業者の発信力を強化しようと、各社の新商品・新サービスを披露する合同プレス発表会を仙台市青葉区で開いた。6事業者が知名度向上と販路の拡大を目指し、在仙メディア9社にPRした。

 2月18日にあった発表会は昨年9月に続き2回目。魅力的な商品を開発してもメディアへの情報発信が不慣れだったり、資金力不足で広報費が負担になっていたりする事業者の悩みを解決しようと、商議所はプレスリリースやプレゼンテーションの手法を学ぶ研修会を開催し、事業者をサポートしている。
(報道部・伊藤恭道)

欅産業(宮城県利府町)

 仙台箪笥(たんす)の伝統技法で造る酒用ギフト箱。「日本酒で世界に勝負するにはパッケージにも付加価値を」と欅(けやき)産業の大原敦子副社長は提案する。箱を捨てず、小物入れなどに使うことでエコにもつながる。時代に求められるものづくりで職人と技術を守る。幅35センチ、奥行き15センチ、高さ11.2センチ。1万6500円。酒造会社や酒販店、百貨店のほか、個人向けに販売する。連絡先022(356)6151。

弘進ゴム(仙台市若林区)

 作業用品や雨具の製造を手掛けている弘進ゴムが、円谷プロダクション(東京)とタイアップしたワークブランド4品。水をはじく生地を使ってウルトラマンの強さを表現した。担当者は「機能性とおしゃれさで技術をPRしたい」。一押しのBOXリュックは6600円。ウルトラマンファンだけでなく、農業・漁業の生産者にも販路を広げたい考えだ。連絡先は022(214)3021。

コルマール堂(仙台市青葉区)

 仙台藩祖伊達政宗の陣羽織をモチーフに、ブルーベリー、ゆず、ずんだなど宮城県産食材を使った鮮やかな5種類のレアチーズケーキセット。冷凍発送のためアイスとしても楽しめる。日本航空の機内食に選ばれた。土田誠也社長は「仙台の歴史を感じながらファーストクラスの味を楽しんで」。5個2538円、10個4298円。当面はオンライン販売。連絡先は022(227)5851。

ヒーローズラボ・シン(栗原市)

 オリジナル戦隊ヒーロー「ダクシオン」(読書、アクションの造語)を通じ、子どもに読書習慣を身につけてもらう図書館向けイベント。二階堂真悟代表は「利用を増やしたい図書館と休日の過ごし方に悩む家庭に応えたい」という。新型コロナウイルス禍を受け、新たにオンラインに対応した。絵本を借りるのが参加条件で、オリジナルグッズがもらえる。連絡先090(1066)8164。

鳳南(仙台市青葉区)

 新型コロナウイルスの影響で青葉区国分町にあった飲食店を閉店し、通販に業態を替えた。サメに見立てたユニークな形状のギョーザの中に、中沢智恵代表の父が得意とする煮込み料理「気仙沼フカヒレ姿煮」が入る。「コロナ禍でコミュニケーションが取れない大切な人に贈ってほしい」。8個3000円で黒と白の2種類。1日10セットの受注生産。連絡先は022(765)8560。

山本製作所(仙台市太白区)

 生まれつき手足が短い障害がある子どもでも乗りやすいオーダーメード自転車。市販の幼児用よりサドルとペダルの距離を近づけ、フレームの形状も工夫した。全国に29あるNJS(日本自転車振興会)認定社の一つ。競輪用自転車を作る技術で細部の要望に応える。11万円から。山本弦太代表は「障害がある子どもの夢をかなえるお手伝いをしたい」。連絡先は022(796)5821。

「仙台箪笥 思い箱」
ワークブランド「ULTRAMAN」シリーズ
「水玉の陣」
二階堂代表(右から2人目)とイベントのキャラクター
「ふかひれ姿似」
「ハンデキャップバイク」
河北新報のメルマガ登録はこちら
せんだい経済圏-ing

 ヒト・モノ・コト・カネがダイナミックに動く100万都市仙台。仙台経済圏のトレンドや旬の話題を進行形で掘り下げます


企画特集

先頭に戻る