河北春秋(7/21):映画や演劇やテレビなどで幅広い活躍を見せ…

 映画や演劇やテレビなどで幅広い活躍を見せた俳優の森繁久弥さんに微笑を誘う名言がある。森繁さんはこう言っている。「私たち俳優が燃料だとすれば、お客さまはウチワです」。これは特に舞台についてだろう▼舞台上の役者たちを燃え上がらせるのは、笑いであれ、涙であれ、客席の熱い反応だという意味だ。「妙技神(しん)に入る」。そう言いたくなるような優れた演技を生涯を通じて披露した森繁さん。名優の支えとなったのは、客席の熱気だったに違いない▼アウェー、ホーム、サポーターなどの言葉から分かるように、スポーツも同じだ。客席の大声援に乗って、ふだんは想像もできないような力を選手たちが発揮する-。プロ野球などでそんな場面を目にした体験は幾つもある▼スキャンダルが相次いで、満身創痍(そうい)となったコロナ禍の東京五輪。開会式に先駆けてきょう一部の競技が始まる。幾つかの会場を除いて、ほとんどが無観客となる異例の大会だ。客席の歓声が消え、選手たちはどんな心境だろう▼NHKラジオで脚本家の宮藤官九郎さんが自作の芝居について語っていた。「お客さんの笑い声があると役者のモチベーションがすごく変わるんですね」。森繁さんの言葉と全く同じ。さあ、ウチワになって応援しよう、テレビの前で。(2021・7・21)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る