FAQ

<せんだい進行形>「巣ごもり需要」の販促模索 仙台・水産卸2社

 新型コロナウイルス禍で水産物の消費動向が大きく変化する中、仙台市内の水産卸が奮闘している。外食需要が減少する一方、巣ごもり需要が増加。コロナ禍の出口が見えない中、新たな販路や消費の拡大に向けた模索を続けている。(報道部・山老美桜)

若手社員のアイデア基にフェア開催

 泉区の大型商業施設セルバの鮮魚専門…

残り 1051文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る