8月から「16歳以上」に 仙台の大規模接種

JR仙台駅東口の大規模接種会場「東北大(宮城県・仙台市)ワクチン接種センター」

 厚生労働省が米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種対象年齢を、現行の18歳以上から12歳以上に引き下げたことを受け、宮城県は23日、東北大と県、仙台市がJR仙台駅東口のヨドバシカメラ仙台第2ビル(仙台市宮城野区)に設置した大規模接種会場の対象を18歳以上から16歳以上に変更すると発表した。
 31日に予約を受け付ける予定の8月9~22日分(人数は調整中)から採用する見通し。国の指針では、16歳未満の接種は、保護者の同伴や予診票に保護者の署名が必要となる。県新型コロナ調整室の担当者は「今回は個人の意思で会場に来られる16歳以上とした」と説明した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る