FAQ

「認証店は時短免除」きょう始動 客集中の恐れ、実効性問われる

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、仙台市全域の酒類提供店などで21日夜に始まる時短営業要請で、宮城県の独自制度による感染対策の認証店は初めて対象から除かれ、通常営業できる。制度の目的である感染拡大防止と経済活動の両立に期待が高まる一方、認証店が感染拡大の起点となるリスクもはらむ。制度スタートか…

残り 824文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る