山形駅前にダイワロイネットホテル開業 県内初進出、百貨店「十字屋」の跡地

JR山形駅前のデパート跡地に開業したダイワロイネットホテル山形駅前

 大和ハウスグループのダイワロイヤル(東京)は21日、山形市幸町の百貨店「十字屋」山形店の跡地にビジネスホテル「ダイワロイネットホテル山形駅前」を開業した。山形県内には初の進出となる。

 ホテルは鉄骨12階、敷地面積約1670平方メートル、延べ床面積約9190平方メートル。1~4人用の客室204室(収容人数432人)やフィットネスルーム、会議室がある。1、2階はテナントでコンビニエンスストアが出店し、レストランも入居する予定。

 十字屋山形店は2018年1月、売上高の減少やビルの老朽化などを理由に閉店し、46年の歴史に幕を下ろした。JR山形駅前のメインストリートに面し、駅から徒歩2分の好立地。ダイワロイヤルが事業に乗り出し、ビル解体後に親会社の大和ハウス工業がホテルを新築した。

 石橋徹也支配人は「地域に愛された百貨店の跡地に進出する責任を感じている。最高の立地にオープンできたことに感謝し、地元に貢献できるような素晴らしいホテルにしたい」と意気込みを語った。

 同社の運営するホテルは全国56カ所目。10月には盛岡市に出店を予定する。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る