FAQ

仙台の高3実験参加、論文が学会誌に 東北大の植物遺伝子研究

 仙台一高3年の鹿股とほこさん(18)が実験に参加したアブラナ科ハマダイコンの遺伝的多様性についての論文が6月、日本遺伝学会の機関誌に掲載された。東北大「科学者の卵養成講座」への参加で得た成果が形になり、「研究者への夢が膨らんだ」と喜ぶ。

 鹿股さんは1年時から講座に参加。2年時は研究重点コース生とし…

残り 390文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る