警察活動に協力、小児科医師らに感謝状 宮城県警

東北管区警察局長感謝状を受け取る村田さん(右)

 宮城県警は9日、県警察活動功労者表彰式を仙台市内で開き、同市夜間休日こども急病診療所の村田祐二所長(65)ら2人に東北管区警察局長感謝状を伝達し、3団体14人に県警本部長感謝状を贈った。

 村田所長は仙台市立病院の小児科医長だった2004年から、ポルノ画像に登場する人が18歳未満かどうかの鑑定に協力した。「児童ポルノを含めた性犯罪は被害者にとって一生トラウマになる。容疑者の摘発、処罰を通じて被害をなくしたいと取り組んできた」と話した。

 村田さん以外に表彰された個人と団体は次の通り。(敬称略)

 ▽東北管区警察局長感謝状 志村正光▽警察本部長感謝状 全国共済農業協同組合連合会県本部、みやぎシルバーネット、登米コミュニティエフエム、千石進、片平敬治、今野康博、佐藤長栄、早坂今朝美、熊谷一、狩野浩、佐々木次男、佐藤保生、鈴木恒子、佐藤よし子、佐々木いみ子、佐藤勲、相沢十四男

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る