イルカと「白A」夜の競演 うみの杜水族館で31日からイベント

シートピアでの演技を紹介する「白A」のメンバー=26日、仙台市青葉区の河北新報社

 仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)で31日、夜間の特別開館「SEATOPIA(シートピア)」が始まる。仙台が拠点のパフォーマンス集団「白A」がダンスやアクロバットを披露し、生き物たちと競演する。8月22日まで。

 白Aのメンバーが、ホヤやヨシキリザメと人を融合させた「ウミングル」になって大水槽に潜ったり館内に現れたりする。イルカショーではイルカの演技に応じてアクロバットなどを繰り広げ、プロジェクションマッピングを使って海の中にいるような空間を演出する。

 白AのYOHEI(ヨウヘイ)さん(29)は「生き物と呼吸を合わせて体を動かすといった新たな表現に挑戦するので、ぜひ見てほしい」と話す。

 シートピアの開館時間は午後6時半~9時(入館は8時半まで)、料金は大人2500円、中高校生と65歳以上2000円、小学生1500円、幼児1000円。事前予約制で、水族館のホームページとコンビニでチケットを取り扱っている。連絡先は水族館022(355)2222。

「生き物と呼吸を合わせる」という白Aのパフォーマンス

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る