新型コロナ 宮城で26人感染 漁船クラスター計15人に(27日)

 宮城県と仙台市は27日、10~70代の男女26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は仙台市14人、岩沼市3人、名取市2人など。現時点で15人(57・7%)の感染経路が不明。県内の累計感染者は9711人(仙台市は6126人)。うち9416人が退院・療養解除となった。

 県内の漁港に停泊していた漁船内のクラスターは、新たに気仙沼市の70代男性の感染が判明し、計15人に増えた。

 感染力が強くワクチンの効果を弱める可能性が指摘される「L452R」変異株は6件確認され、うち2人に海外滞在歴があった。県内で検出されたL452Rは計49件となった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る