秋田新幹線の新ルート、JR東が6割負担へ 秋田県と覚書締結

 JR東日本が検討している秋田新幹線の岩手、秋田県境の新ルート整備で、秋田県とJR東は26日、整備計画の推進に関する覚書を締結した。JR東はトンネル新設を含む整備費約700億円のうち、6割(約420億円)を負担すると明言。残り4割は地元自治体と国に分担を求める。

 県庁であった締結式には佐竹敬久知事と…

残り 351文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ