土砂災害や浸水に警戒を 台風8号、東北に上陸

豪雨・台風
津波・台風・豪雨
豪雨・台風

 東北地方は28日、台風8号の影響で大雨になっているところがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒してください。

 2019年の台風19号では、雨のピークに遅れて河川が氾濫し、浸水被害を受けた地域がありました。流域面積が広い河川ほど上流域で降った雨が下流域に流れ込み、水があふれやすくなるためです。場所によっては時間差で水量が増える場合があります。河川には近づかず、田んぼ、用水路も見に行かないでください。

 地域の洪水予報や川の水位は、国土交通省のウェブサイト「川の防災情報」で調べられます。気象庁ウェブサイトの「土砂キキクル」では、降っている雨と土壌に含まれる水分量から割り出した土砂災害危険度を確認できます。
(防災・教育室)

監修 防災・減災復興支援機構
イラスト さとうあけみ

国土交通省「重ねるハザードマップ」
気象庁「土砂キキクル(大雨警報(土砂災害)の危険度分布)」

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る