台風、初の宮城上陸 東北各地で激しい雨や強風観測

水しぶきを上げて走る車。朝には雨が上がり、青空も垣間見えた=28日午前8時40分ごろ、仙台市太白区根岸町(写真の一部を加工しています)

 台風8号は東北の太平洋沿岸を北上し、28日午前6時前、石巻市付近に上陸した。1951年の統計開始以来、宮城県への上陸は初めて。東北を横断して日本海に進み、同日夜には温帯低気圧に変わる見通し。仙台管区気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫、暴風、高波に警戒を呼び掛けている。

 台風の日本上陸は2019年10月の東日本台風(台風19号)以来、約1年9カ月ぶり。東北の太平洋側への上陸は16年8月の台風10号に続き2例目となる。

 気象台によると、台風周辺の発達した雨雲の影響で28日朝、陸前高田市で1時間に40・5ミリの激しい雨を記録した。降り始めから午前11時までの総雨量は南相馬市原町136・5ミリ、福島県浪江町浪江134・5ミリ、久慈市112・5ミリ、仙台市泉ケ岳81・5ミリ、石巻市雄勝74・5ミリなど。

 風も強まり、最大瞬間風速は宮城県女川町で午前3時58分に19・9メートルを観測。このほか宮古市18・8メートル、気仙沼市16・1メートル、仙台15・9メートルなどだった。

 宮古市は市全域の2万3310世帯に避難指示を発令。50カ所に避難所ができ最大計274人が避難した。大船渡、奥州両市では計約690戸が停電した。

 宮城県では17市町村が高齢者等避難を出した。気仙沼市では倒木で市道が一時通行止めとなった。福島県では双葉、楢葉両町の町道計4カ所が冠水した。

 台風8号は28日午前9時現在、盛岡市の南約70キロを時速約25キロで北北西へ進んだ。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心の北東側280キロ以内と南西側220キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

 東北では29日正午までの24時間で日本海側80ミリ、太平洋側60ミリの雨量が予想される。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る