<とびらを開く>命守る教訓 次世代へ 一般社団法人「健太いのちの教室」

 大崎市の田村孝行さん、弘美さん夫妻は、東日本大震災の津波で息子の健太さんを亡くしました。当時健太さんは、12人が死亡・行方不明になった七十七銀行女川支店(宮城県女川町)に勤務中でした。2人は7年ほど前から、女川で被災地を訪れる人に被災状況や教訓を伝えています。被災者家族会としての活動のほか、「いの…

残り 811文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

志民の輪

私たちの周りでは、たくさんの市民団体・NPOが地域課題の解決などを目指して活動しています。「認定NPO法人杜の伝言板ゆるる」と「NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター」が交代で担当し、さまざまな団体の活動や地域課題について伝えていきます。

ライブカメラ