仙台市、ワクチン接種の予約再開へ 12~15歳も対象に

新型コロナウイルスのワクチン接種

 仙台市は3日、新型コロナウイルスワクチンの個別、集団接種に関し、基礎疾患があるなど優先接種対象者の集団接種は10日に、対象者以外の集団接種と個別接種は23日に、それぞれ新規予約の受け付けを再開すると発表した。接種開始は集団接種が22日。個別接種は23日以降、実施する医療機関ごとに順次始める。

 市によると、8月は15万930回分のワクチン供給にめどが立ち、9月も同程度の確保が見込まれるため、予約再開に踏み切った。
 集団接種は働く世代や学生らが利用しやすい場所に一部会場を変更する。青葉区は郊外の3会場を廃止し、中心部に1会場を追加する。太白区は八木山市民センターのほか、施設の利用状況によりゼビオアリーナ仙台か、区中央市民センターを会場にする。
 9月1日以降は青葉区のTKPガーデンシティPREMIUM仙台西口で、夜間接種も開始する。市医師会、市歯科医師会、市薬剤師会が協力。毎週水曜と木曜の午後6時45分~午後8時15分に実施し、1日最大282人に接種できる。
 個別接種は予約再開後も市内400カ所以上の医療機関で実施する。ワクチン供給量の減少を踏まえ、1週間の接種回数の上限を全体で6万回から2万5000回に抑える。
 市は、新たに8日時点で12~15歳の3万505人を接種対象に加え、6日から接種券を送付する。9日以降に12歳となる子どもには誕生日が来たら発送する。予約開始の案内はがきは今月中旬、優先接種対象者を含む12~59歳に郵送する。
 市ワクチン接種推進室の横野幸一郎室長は「(県や東北大とJR仙台駅東口に開設した)大規模会場を含め、優先対象者以外は予約開始日まで手続きを待ってほしい」と呼び掛けた。

予約再開後の仙台市の集団接種会場

【青葉区】
TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口、旭ケ丘市民センター、宮城保健センター、他1会場(調整中)
【宮城野区】
区中央市民センター、高砂市民センター
【若林区】
区中央市民センター別棟、七郷市民センター、六郷市民センター
【太白区】
ゼビオアリーナ仙台または区中央市民センター、八木山市民センター
【泉区】
七北田公園体育館、市医師会看護専門学校

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る