東北中学野球6日開幕 若鷲旗争う12チーム紹介(上)

 第50回若鷲旗争奪東北中学校野球大会(東北中学校体育連盟、河北文化事業団など主催)は6日、岩手県営野球場など同県内3会場で開幕する。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。

 東北6県の中学総体で決勝に進出した計12校が出場する。3ブロックのトーナメントで争い、各ブロック1位チーム、計3校が千葉県内で21日に開幕する全国中学校軟式野球大会の出場権を得る。

 6日は岩手県営野球場(盛岡市)と滝沢総合公園野球場(滝沢市)、岩手町野球場でそれぞれ正午と午後2時から、1回戦計6試合を実施。7日は県営野球場で午前9時から各ブロックの決勝が順次行われる。

 出場校を紹介する。(◎は主将、かっこ内の数字は学年)

東向陽台 (宮城・富谷市、初出場)投手リレー勝ち切る

 県大会準決勝で18年の全国準優勝校、秀光を破り初出場を決めた。決勝では終盤に畳み掛け、逆転で初優勝。実戦を重ねるごとに成長を遂げる野球で全国大会進出を目指す。

 投手は加藤、佐藤、遠藤の3本柱に安定感がある。先発佐藤、救援加藤の継投が基本で、ともに制球に優れ試合のリズムをつくれる。加茂との決勝で好投した遠藤は、多彩な変化球と直球に切れがある。

 守備で粘り、バントを生かした攻撃で1点を積み重ねるのが持ち味だが、県大会は4試合で30得点と打線が当たった。俊足の1番佐藤が相手をかき回し、遠藤ら中軸が走者をかえす。秀光戦で鳥山が決勝本塁打を放つなど勝負強さもある。

 昨年11月の県秋季選抜大会も制覇しており、勢いに乗る。桜井監督は「ずばぬけた選手はいなくても、地道に細部を詰めた総合力で臨む」と意気込む。

部長 菊地 博之
監督 桜井 直樹
コーチ東  浩彦
 投 加藤 由暉(3)

 捕 桜井 荘大(3)

 一 遠藤  颯(3)

 二 松川 修也(3)

 三 佐藤 柊真(3)
◎遊 朝長 夏輝(3)

 左 大山 凌世(3)

 中 鳥山凌太郎(3)

 右 小野 快晟(3)
(補)板倉圭佑(3)大和眞人(3)今野亮(3)依田拓眞(2)熊谷将(2)四戸悠之亮(2)塚智宗(2)仲航太郎(1)宇根岡樹(2)

加茂 (仙台市、10年ぶり2度目)光る攻守のバランス

 県大会準決勝は延長八回までもつれた熱戦を劇的に制した。攻守のバランスが取れたチームで10年ぶりの東北大会に挑む。

 主戦野村が県大会5試合のうち4試合を投げ抜いた。変化球と直球を組み合わせてコースを投げ分ける技巧派の179センチ右腕で、安打を浴びても慌てない辛抱強さがある。主将で捕手の熊が絶妙なリードで持ち味を引き出す。投手陣は直球に力強さがある沢田らも控える。

 打線は上位、下位で好機をつくれ、切れ目ない。チームの核の熊は決勝で先制打を放ち、北村は広角に長打を打てる。準決勝でサヨナラ打を放った高橋、先頭打者としてほぼ全試合で出塁する1番鈴木の両2年生が元気なのが頼もしい。

 小野監督は「試合ができることに感謝して存分に楽しむ。宮城の代表として熱く戦いたい」と話す。

監督 小野 惇希
コーチ松野 雅弘
 投 野村 涼翔(3)
◎捕 熊  晃太(3)

 一 沢田  響(3)

 二 小原  壮(3)

 三 高橋 奏太(2)

 遊 神田 滉太(3)

 左 北村 心旺(3)

 中 鈴木 翔真(2)

 右 井上  真(2)
(補)安藤康佑(3)畠中優吾(2)本郷瑠音(2)加藤颯真(2)安斎智希(2)白鳥潤(2)成沢匠美(1)佐々木春翔(1)中西淳之介(1)

五所川原三(青森・五所川原市、31年ぶり3度目 )そつない野球 持ち味

 たとえノーヒットでも、バントや盗塁を絡めて得点するそつのない野球を理想とする。県大会も下山、荒関の両右腕を中心に守り抜いて勝ち上がってきた。

 2年の下山は制球の良さが持ち味。昨秋以降、調子を落としていた時期もあったが、夏に入って変化球の切れが復活した。下山の後を引き継ぐことが多い3年荒関は、チェンジアップを効果的に使う。

 打線は先頭打者の3年佐藤と3番に入ることが多い2年沢田幸がキーマン。佐藤はチーム一の快足で、勝負強さが持ち味の沢田幸は県大会決勝で勝利を決定づける2本の三塁打を放っている。

 過去に出場した大会は1978年が準優勝、90年が3位といずれも好成績を収めた。白川監督は「チームのモットーである闘志を前面に押し出し、先輩たちがなしえなかった頂点を目指す」と意気込む。

監督 白川 遼介
コーチ中田 伸大
 投 下山 大昂(2)

 捕 加藤 陽琉(3)

 一 大水 透也(3)

 二 沢田 幸汰(2)

 三 荒関 大和(3)
◎遊 小山内良礎(3)

 左 世永 孝輔(3)

 中 佐藤  快(3)

 右 神  悠也(3)
(補)沢田 煌人(3)大坂慧生(3)長利榛久(3)福士蒼太(2)浅利林生(3)古川蓮(2)工藤滉太(2)神成洸汰(2)石岡悠雅(3)

大間 (青森・大間町、初出場)統合で選手層に厚み

 昨秋の新人大会で単独チームとしては初めて地区予選を突破、東北大会への出場も果たした。今春、奥戸中と統合したことで1、2年を中心に選手層がさらに厚みを増した。

 3年伊藤新と2年小林の両右腕による継投で少ない得点を守り抜くのが必勝パターン。伊藤新はカーブやフォーク、小林はシュートやツーシームといった多彩な変化球が共に持ち味だ。

 小学生時代、捕球と送球の正確さを競う「キャッチボールクラシック」の全国大会で準優勝した経験を持つメンバーが多く、堅守には定評がある。中でも2年の三塁手慧也、1年の遊撃手琉生の小島兄弟が要となっている。

 得点力に磨きをかけるため、シート打撃では藤田監督がマウンドに立って投げ込む。藤田監督は「青森代表のプライドをかけて戦う。1試合ごとに成長していきたい」と話す。

監督 藤田 大輝
コーチ渡辺 一哉
 投 伊藤  新(3)

 捕 小林  翔(2)

 一 後藤 海斗(2)

 二 室舘  灼(2)

 三 小島 慧也(2)

 遊 小島 琉生(1)

 左 松山 大翔(3)

 中 竹内 柊人(2)

 右 小島 大駕(2)
(補)◎佐山凌太(3)伊世快地(3)中森蒼志朗(2)伊藤友哉(2)岩谷勇希(2)柿崎儀斗(2)新田航大(2)小谷翔洋(2)小島翼(1)

雫石(岩手・雫石町、39年ぶり2度目 )足絡め粘り強い打線

 「一雫貫岩(いちだかんがん)」がチームのスローガン。粘り強い打線を武器に勝ち上がり、39年ぶり2度目の県大会優勝を果たした。

 4試合のチーム打率は3割2分6厘を誇り、計25点を挙げた。決勝で勝ち越し三塁打を放った細川らが出塁し、中軸の岡森、山本につなぐ。練習で磨いたバントや盗塁など足を使った攻撃で、チャンスを広げるのがチームの持ち味だ。

 投手陣は左腕岡森、右腕川崎煌が直球と変化球を使い分け、継投で試合を引っ張る。守備は捕手川崎善を中心に声を掛け合って連係を確認し、決勝は無失策で投手を支えた。

 選手は昨年県大会が中止となり涙をのんだ先輩のユニホームを身に付け、試合に臨む。菊池監督は「決勝ではベンチを含めた全員が、自分の力を出し切ることに集中してくれた。東北大会でも身の丈に合った野球をしていきたい」と語る。

監督 菊池 陽介
コーチ大西 雄太
コーチ橘  拓也
◎投 岡森  廉(3)

 捕 川崎 善毅(3)

 一 山本 陽樹(3)

 二 杉田 兼晟(2)

 三 川崎 煌成(2)

 遊 村上晄太郎(2)

 左 高橋 柊人(3)

 中 細川 快斗(2)

 右 北田 理久(3)
(補)野坂聖矢(3)高橋惺南(2)米沢祐哉(2)高橋諒斗(2)藤原理一郎(2)楢山佳太(2)工藤悠人(2)坂井康介(2)小笠原蓮(1)

湯口(岩手・花巻市、26年ぶり5度目 )合言葉「1点に執着」

 「1点に執着する」を合言葉に、積極的なプレーで競り勝つ野球で26年ぶりの東北大会出場を決めた。決勝では投打がかみ合わず敗戦し、悔しさを胸に挽回に燃える。

 投手陣は互いにバッテリーを組む主戦高橋舷と高橋愛を軸に、4投手で県大会を勝ち上がった。高橋舷は力のある直球にスライダーを織り交ぜる。高橋愛はツーシームやチェンジアップなど多彩な変化球が持ち味で、打者の狙いを外す。

 攻撃では1番長谷川の出塁が鍵。決勝では3安打した。県大会2本塁打の高橋舷や打力と小技も兼ね備える主将照井らが続き、県大会は全4試合で一回に先制した。下位打線も長打力があり、試合序盤から流れを引き寄せる。

 及川監督は「選手は決勝の敗戦を糧にさらに成長した。一戦必勝を積み重ね、攻めの野球で優勝を目指す」と意気込む。

監督 及川  剛
コーチ高橋 真也
   照井 健一
 投 高橋 舷貴(3)

 捕 高橋愛叶夢(3)

 一 藤原 将吾(3)

 二 中沢比加瑠(3)

 三 長谷川与福音(3)
◎遊 照井 悠人(3)

 左 金沢 徠晟(3)

 中 藤井 大河(3)

 右 遠藤 健優(3)
(補)藤井夏希(3)佐藤朔弥(3)高野橋纏(1)高橋楓真(1)菊池伸悟(1)戸来琉惺(1)平賀八尋(2)梅木宗次郎(2)平賀鑑(2)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る