船体二つに割れ油流出 八戸港沖でパナマ船座礁

二つに割れた貨物船の船体。海上に油が流出した(第2管区海上保安本部提供)

 青森県八戸市の八戸港で11日にパナマ船籍の貨物船「クリムゾン ポラリス」(3万9910トン)が座礁し、船体に亀裂が入った事故で、第2管区海上保安本部(塩釜市)は12日、船体が朝になって二つに割れ、油が流出したと発表した。2管本部の巡視船などが油の除去と船の監視を続けている。

 政府は同日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。運輸安全委員会は船舶事故調査官3人を現地に派遣した。青森県も災害警戒本部を設け、漏れた油が県内の海岸に到達する場合に備え、海保や関係漁協と情報交換している。

 2管本部によると、船は港から北約4キロの海上に停泊している。割れた船体のうち船首部分の移動は確認されていない。船尾部は漂流状態だが、近くにとどまっている。船からは約20メートル四方の板状の荷室のふたも流出し、三沢市の三沢漁港の防波堤付近に漂着した。

 船尾部付近から長さ約24・3キロ、最大幅約800メートルの範囲で、茶色の油が浮遊しているのが確認された。午後4時15分現在、先端が三沢漁港の北約12キロ付近へ達しているという。

 貨物船は11日に港内で座礁し、自力で移動したものの、荒天で航行困難となった。船体の一部に入った亀裂が拡大し、フィリピン人と中国人の乗組員21人が救助された。木材チップを積み、タイから八戸港に向かっていた。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る