仙台のワクチン接種、1回目終了4割超す

 仙台市は12日、新型コロナウイルスワクチン接種に関し、12歳以上の40・4%に当たる39万167人が1回目を終えたと発表した。

 11日時点の接種状況は表の通り。2回目まで接種したのは27万2663人で28・2%。うち65歳以上の高齢者は78・5%の21万3194人が完了した。

 ワクチンの供給不足に伴い7月6日に予約を停止した影響で、接種率の伸びは鈍化した。一方で今月に入って国から供給見通しが示され、集団接種は10日、基礎疾患があるなど優先接種対象者に限って新規予約の受け付けを再開した。

 市ワクチン接種推進室の担当者は「希望する高齢者への接種はほとんど終わった。ワクチンが確保でき次第、一般接種を速やかに進める」と説明する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る