店主急逝の模型店、惜しまれつつ閉店へ 「おんちゃんいる?」訪れた少年の手には…

模型倶楽部の閉店セールに多くの常連客らが列をなした=21日
内田吉彦さん

 戦闘機、航空機、戦車、外車。模型の箱が天井まで積み重なる。仙台市宮城野区二の森の「模型倶楽部(くらぶ)」が今月末、創業36年の歴史に幕を閉じる。店主の内田吉彦さんが2日、67歳で急逝した。在庫処分の閉店セールに、別れを惜しむ常連客らが大勢集う。
 セール初日の21日、小さな店に約120人が駆け付けた。小学生の時から常連の会社員菅原令(たかし)さん(44)=宮城野区=は「年月がたっても内田さんは模型店のお兄さん。地域の子どもたちの成長も見守ってくれた」とショックを隠せない。

天井まで模型の箱が積み上がった店内

 内田さんは、ただ模型を売るだけではなかった。客が欲しい商品を取り寄せ、制作のイロハも教えた。元日以外の364日、店を開け、熱心な客が帰るまで閉めない。金がない客にはツケで買わせたという。
 近年は模型ファンの高齢化や娯楽の多様化などが重なり、客足は落ちた。それでも早朝にアルバイトをしながら店を続けた。
 「家では昭和の頑固おやじ。家族の言うことを一切聞かない」。そうこぼす長男で会社員の拓郎さん(28)=太白区=だが、セールに訪れる客の多さに驚いた。「父を少しだけ尊敬した」。妻一枝さん(60)は「欲のない、優しい人だからね」と目頭を拭った。
 閉店を決めて数日後、親子連れが店を訪ねてきたという。
 「おんちゃんいる?」
 小学3、4年生ぐらいの男の子が一枝さんに聞いた。亡くなったことを伝えると、顔をくしゃくしゃにして泣きじゃくった。
 「おんちゃんが、作ったら見せてって」
 手には小さな戦車の模型が握り締められていた。
 内田さんが36年守った自慢の「模型部屋」。28、29日の最後の営業まで模型の箱を抱えた「少年」たちの笑顔で満たされる。

常連客が描いた模型倶楽部(店主の妻一枝さん提供)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る