新型コロナ 青森・岩手・秋田・山形・福島の感染者(24日)

青森81人

 青森県などは24日、10歳未満から80歳以上を含む男女81人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は八戸市32人、弘前保健所管内18人、青森市12人など。県内の感染確認は計3708人。

 八戸市内の接待を伴う飲食店2店で19人と8人、弘前管内であった会食で8人の感染が24日までに判明し、それぞれクラスターが発生したと認定された。

岩手39人

岩手県と盛岡市は24日、10歳未満~70代の男女39人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は盛岡市15人、県央保健所(八幡平市など7市町)管内7人など。県内の感染確認は計2740人となった。

秋田は50人 、過去最多

 秋田県と秋田市は24日、10歳未満~70代の男女50人(年代非公表を含む)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。保健所別の内訳は同市25人、由利本荘10人、大仙5人など。1日当たりの感染発表数としては過去最多で、県内の感染確認は計1463人。

 由利本荘市の羽後本荘駅周辺の21の飲食店で「面的クラスター」が発生。新たに8人が感染し計28人になった。秋田市の秋田港で洋上風力発電の風車を建設する作業船でもクラスターが発生し船員14人が感染した。14人を含め乗組員は78人。

 「L452R」変異株は、新たに110件確認され、計229件に増えた。

山形43人

 山形県と山形市は24日、乳児から80代までの男女43人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は山形市12人、鶴岡市6人、南陽市5人、酒田市4人、寒河江、東根、米沢の3市と庄内町が各3人など。県内の感染確認は計2942人。

 感染者から「L452R」変異株が14件確認され、計263件に増えた。

福島74人

 福島県は24日、10歳未満~70代の男女74人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳はいわき市33人、福島市18人、郡山市、須賀川市が各5人など。県内の感染確認は計8148人。

 福島市の自衛隊福島地方協力本部募集案内所で職員計8人の感染が確認され、県はクラスターと認定した。他のクラスター関連は、いわき市の福島労災病院で1人増え計36人、福島市の飲食店「気分屋酒場」で1人増え計13人。

 「L452R」変異株は、16~22日の検査で新たに計414件を確認。検出率は県全体で93・5%、いわき市で97・8%、福島市で96・4%、郡山市で90・3%だった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る