新型コロナ 青森・岩手・秋田・山形・福島の感染者(29日)

青森67人

 青森県などは29日、10歳未満~70代の男女67人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は八戸市25人、上十三保健所(十和田市)管内13人、青森市9人など。県内の感染確認は計4221人。

 新たにクラスター3件を認定。むつ保健所管内の飲食店で7人、上十三保健所管内と青森市の職場でそれぞれ6人、5人の感染が29日までに確認された。

岩手58人、1人死亡

 岩手県と盛岡市は29日、10代~90歳以上の男女58人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は陸前高田市20人、盛岡市9人など。県内の感染確認は計2951人。基礎疾患のある65歳以上の患者1人の死亡も公表し、死者は計49人となった。

 29日までに中部保健所(花巻市)管内の職場関連で計8人、同管内の接待を伴う飲食店で計6人、大船渡保健所管内の職場で計20人の感染が判明し、県はそれぞれクラスターと認定した。

秋田14人

 秋田県と秋田市は29日、10~70代の男女14人(年代、性別非公表を含む)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。保健所管内別の内訳は由利本荘4人、秋田市3人、能代、大仙が各2人など。県内の感染確認は計1597人。

山形30人

 山形県と山形市は29日、小学生から50代までの男女30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は鶴岡市6人、新庄、米沢両市が各5人、酒田市4人など。県内の感染確認は計3124人。

 米沢市の九里(くのり)学園高の部活動で部員ら計6人の感染が判明し、県はクラスター発生と公表した。

福島70人

 福島県は29日、10歳未満~80代の男女70人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は郡山市16人、いわき市15人、福島市10人、会津若松市8人など。県内の感染確認は計8604人。

 郡山市の2事業所で、それぞれ従業員7人、5人の陽性が判明し、県は新たなクラスターと認定した。8月のクラスターは計40件に達した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る