融資?それともCF? 七十七銀、企業創業がっちりサポート 相談専用ページ開設

開設した専用ページを確認するサポートデスクの行員

 七十七銀行は企業創業期の顧客の支援を強化するため、専用相談窓口「スタートアップ・サポートデスク」を設置し、専用のウェブページを1日、開設した。融資や資金調達のためのクラウドファンディング(CF)など、さまざまな相談にワンストップで対応。10年後に支援件数約3倍の達成を目指す。

 本店営業部や支店が取り次いでいた相談を、デスクがメールで直接対応。融資やビジネスマッチング、日本政策金融公庫との協調融資などの相談に応じる。同行と日本公庫で別々に必要だった事業計画書は共通書式で対応可能になり、ダウンロードもできる。

 デスクは地域開発部に設置。行員2人が専任で業務に当たる。5月ごろから試行して銀行内に浸透を図った上で、対外向けウェブページを開設した。

 合わせて、契約料や一部利用料などが無料となる「創業応援パッケージ」のメニューを更新。従来の6商品に、サブスクリプション(定額制)ホームページ作成サービスと企業間請求代行サービスを追加した。

 同行は本年度、今後10年の長期経営計画を策定。創業期の事業者支援件数は2020年度の1181件に対し、30年度は3000件を目標に掲げた。サポートデスクの担当者は「支援を求める創業者に手が届きやすくなる」と話す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る