宮城県、アストラゼネカ製ワクチンの接種ニーズ調査へ

宮城県庁

 宮城県は2日、海外で英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの1回目を接種し、2回目接種を希望する県民のニーズを調査すると発表した。15日まで調べ、必要に応じて接種体制を整える方針。

 対象者は県内在住の18歳以上で、2回目接種の希望者は県に電話で申告する。連絡先は県疾病・感染症対策課ワクチン接種対応チーム022(211)2806で、平日の午前8時半~午後5時15分に受け付ける。

 アストラ製の接種について、国はアレルギーなどの理由で米ファイザー製、米モデルナ製を接種できない人や40歳以上の希望者にも認めている。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る