仙台六大学野球 秋季リーグ、開幕25日に再延期

東北福祉大球場

 仙台六大学野球連盟は7日、秋季リーグの開幕を18日から1週間延期して25日に変更すると発表した。当初予定していた開幕は8月28日で、今回が2度目の延期となる。
 加盟各校の監督会議で対応を協議。新型コロナウイルス感染対策として宮城県に緊急事態宣言が発令され、活動を停止しているチームがあるため、練習不足による選手のけが防止を考慮した。
 秋季リーグは10月24日までの5週にわたり、2回戦総当たりの勝率制で争う。上位2校の勝率が並んだ場合は25日のプレーオフで優勝を決める。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る