トヨタ岩手工場の社員、ボランティアで草刈り ライン停止期間中

 岩手県金ケ崎町のトヨタ自動車東日本岩手工場は、部品供給不足によるライン停止期間を生かそうと、社員による草刈りボランティアを町内の高齢者や障害者宅で始めた。

高齢者宅で草刈りするトヨタ東日本岩手工場の社員

 同町西根の高齢者宅には7日午前、社員6人が町社会福祉協議会の担当者と訪問。庭や畑に茂った草を、鎌や草刈り機を使って丁寧に刈り払った。

 手伝いに来た親戚の女性(76)は「家の人が入院がちで手入れが行き届かない。大変ありがたい」と感謝。工場でバンパー製造を担当する田鎖慎輝さん(56)は「普段通りに仕事ができない状況だが、手が回らないお宅があるのなら協力したい」と汗を拭った。

 トヨタ東日本岩手工場は今月、第1ラインが6日間、第2ラインが10日間停止する。この期間の地域貢献活動を町社会福祉協議会に打診した。6~10日、毎日12人が参加し、民家と福祉施設計10カ所で草刈りボランティアをする。

 同工場は協議会を通じた高齢者宅などの雪かきボランティアも約20年続ける。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る