「水道のない村」の水をペットボトルに 商品化目指し試験製造

 福島県川内村の一般社団法人「かわうちラボ」が、村内を流れる地下水をペットボトルに詰めた清涼飲料水を製造し13日、関係者に披露した。豊富な地域資源に着目して東京電力福島第1原発事故から続く風評被害を払拭(ふっしょく)し、2023年秋ごろの販売開始を目指す。

 商品名は「かわうち恵の水」で、500ミリリ…

残り 427文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ