閉じる

弱酸性次亜塩素酸にコロナ不活化効果 秋田の企業の論文を英誌受理

 MAKOTO(仙台市)グループの化学製品事業「ローカルパワー」(秋田市)は、独自の製法で生成した弱酸性次亜塩素酸による新型コロナウイルス不活化効果を取りまとめた論文が、英国の査読付き学術誌に受理されたと発表した。

 論文は大阪府立大大学院生命環境科学研究科の山崎伸二教授(感染症制御学)との共同研究の…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ