コロナ飲み薬の開発急ピッチ、年内の処方も 東北医薬大・久下教授に聞く

 新型コロナウイルスの感染初期に、口から投与できる治療薬の開発が国内外で進む。早ければ年末から来年初めにも、国内の医療機関で処方される可能性がある。コロナの治療薬を研究する久下周佐(くげ・しゅうすけ)東北医科薬科大教授(微生物学)に経口薬の特徴や課題を聞いた。
(編集局コンテンツセンター・佐藤琢磨)

症…

残り 1269文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ