人身事故多発交差点、「六丁目」7年連続ワースト 20年・宮城

 日本損害保険協会(東京)がまとめた2020年の全国交通事故多発交差点マップによると、県内で最も多くの人身事故が発生した交差点は、国道4号仙台バイパス六丁目(仙台市若林区)だった。20年は10件が発生し、7年連続でワーストとなった。

7年連続で人身事故件数がワーストとなった国道4号六丁目交差点=仙台市若林区

2位根岸、3位は鹿又

 人身事故が発生した交差点の上位5位(6カ所)は全て仙台市内。2位は国道286号根岸(太白区)の8件、3位は仙台バイパス鹿又(太白区)の7件が続いた。4位は県道大衡仙台線北山トンネル入口(青葉区)、荒町(若林区)、仙台バイパス若林(同)の各6件だった。

 「X字」に近い六丁目交差点付近は右折、左折車線を含めて10車線になっている。交通量が多く、右折時に直進する車と衝突する事故が多い。

 県警などは対策として今年2月、国道4号の信号機の表示を改良。直進専用の表示を設けることで直進車と右折車の進行を分け、横断歩道の信号が青の時には右折できないようにした。

 損保協会東北支部は「今回は対策実施前の件数なのでワーストだったが、次回2021年の件数に注目したい」と言う。

 根岸は4年連続で上位に入った。5方向に分かれた複雑な形の交差点で、混雑して追突事故が多い。鹿又も昨年に続く上位。通勤時間帯に交通量が増えて、追突事故が多発した。

 北山トンネル入口は初の上位入り。車を運転する高齢者が第1当事者となり、自転車との接触事故が多かったという。荒町は5年ぶり、若林は10年ぶりに上位となった。

 県内の人身事故は年々減少し、20年は前年比20・9%減の4487件。このうち交差点や交差点付近の事故が55・6%を占める。

 東北支部の担当者は「歩行者、自転車、車が行き交う交差点は事故の多い場所ということを念頭に、より相手の行動に注意して通ってほしい」と呼び掛ける。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る