秋季高校野球宮城 柴田、古川学園、利府など準々決勝へ

柴田―東北学院 4回裏柴田無死一、三塁、石田が勝ち越しのスクイズを決める

 第74回秋季東北地区高校野球宮城県大会は20日、仙台市民球場、石巻市民球場、鹿島台中央野球場で2回戦8試合があり、柴田、古川学園、利府などが準々決勝に進んだ。

 柴田は東北学院に8-1でコールド勝ち。古川学園は泉館山を3-1で下した。利府は仙台東を9-4で破った。東北学院榴ケ岡は名取北に5-4で逆転勝ち。聖和学園は仙台一に7-0で大勝した。仙台南は日本ウェルネス宮城に6-5で競り勝った。東北は佐沼に10-0で圧勝。仙台育英は角田を8-1で退けた。

 21、22日は試合がなく、23日は仙台市民、石巻市民の両球場で準々決勝4試合が行われる。

▽2回戦(仙台市民)=七回コールドゲーム
東北学院
0100000-1
100241×-8
柴田

▽2回戦(仙台市民)
泉館山
000000001-1
10000020×-3
古川学園

▽2回戦(仙台市民)
東北学院榴ケ岡
001000310-5
300010000-4
名取北

▽2回戦(石巻市民)=七回コールドゲーム
角田
0000100-1
1200113x-8
仙台育英

▽2回戦(石巻市民)
聖和学園
020200021-7
000000000-0
仙台一

▽2回戦(石巻市民)=六回コールドゲーム
佐沼
000000-0
162001x-10
東北

▽2回戦(鹿島台中央)
日本ウェルネス宮城
000020201-5
000203001x-6
仙台南

▽2回戦(鹿島台中央)
利府
100040301-9
001001002-4
仙台東

泉館山―古川学園 7回裏古川学園1死二、三塁、青沼が右前に2点打を放つ
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る